車庫証明 書類記入例

車庫証明依頼書の、記入例を下記に示します。
記入例に従い依頼書を記入し、当事務所にFAXしてください。
FAXをした後、当センター宛てに郵送にて送付してください。

車庫証明 (申請依頼書記入例

@ 依頼内容 該当する内容と、必要なところに「○」を付けてください。
A 申請者 自動車を登録する名義人の住所・氏名・フリガナ・電話番号・生年月日が必要です。アパートやマンションにお住まいの方も、何棟の何号室まで詳しくご記入下さい。
B 使用本拠の位置 通常は、住民票の住所と同一になります。
ただし、大学や出向等で住民票の住所と異なる場合は、現在お住まいになっているところの居所が「使用本拠の位置」となります。
尚、法人の場合は支店・営業所・出張所などのことをいいます。

注1 住民票の住所と同じ場合は「自宅」に「○」をしてください。
注2 その他の住所と異なる場合は、「その他」に「○」をしてください。
注3 本拠地の電話番号も必ず記入してください。
C 保管場所の位置 実際に車を保管する場所になります。
自宅と同じ場合は「自宅」に○をしてください。
自宅以外の場合は「その他」に○をして下さい。
車庫証明が許可の下りる距離は、本拠の位置と保管場所の位置が直線で
2KM以内となります。
D 保管場所所有者 車を置く場所の土地・建物の所有者、または不動産会社等の管理者の
住所・氏名名称・電話番号を記入します。

注1 押印が必ず必要になります。
E 新規・増車・代替廃車 ・新規    その駐車場で初めて車庫証明を取る場合
・増車    その駐車場で車両が新たに増える場合
・代替廃車 その駐車場で車両を入れ替える場合と車両を廃車する場合
F 諸元 新しく購入する車の内容を、車検証を見ながら記入します。
G 保管場所の配置図 自宅から保管場所がわかるように、簡単に記入してください。
H 登録予定日 登録予定日がわかる場合に記入してください。わからない場合は空欄で結構です。

車庫証明 (自認・承諾書記入例)

@ 保管場所の位置 当センターで記入しますので、空欄のままで結構です。
A 使用者 当センターで記入しますので、空欄のままで結構です。
B 使用期間 当センターで記入しますので、空欄のままで結構です。
C 所有者・管理者 この欄は必ずご記入下さい。押印も必要です。
所有者なのか管理者なのかの区別を○で囲んでください。
それぞれの、住所・氏名名称・フリガナ・電話番号をご記入下さい。
D A欄 所有者および共有者が別にいるときは、この欄にご記入下さい。
E 代替疎明書 代替の申請をする場合に、ご記入下さい。
申請者の住所・氏名名称と押印が必要です。
旧車両の、登録番号と車台番号と理由についてご記入下さい。
F 被譲渡人 車を引き渡す人を記入します。(ディーラーもしくは個人など)

※上記記入例を参考にして、書類を完成させてください。
  印鑑が必ず必要になりますので、指定箇所に押印をお願い致します。

※書類が完成しましたら、当センター宛てに郵送にて送付してください。
  到着の確認のお電話をいたします。


車庫申請の流れへ 申請用紙ダウンロードへ 申請用紙記入例へ 依頼フォームへ 調査範囲と交付日数へ 車庫証明トップへ


ホーム 】【 車庫証明申請 】【 自動車登録申請 】【 依頼書ダウンロード 】【 依頼フォーム 】【 ご挨拶 】【 事務所案内 】【 リンク

CopyRight(C) 2001-2004 Administrative Solicitor Kenji Shigemori Office